雑談コラム

安倍晋三銃撃事件は、日本社会に何を問い掛けたのか。”無敵の人”と、”統一教会”問題について思うこと。

何か、今、足に自己反復的に、起きろと、念じながら、全てのエネルギーを、足に集中させた後、其れと同時に、起きようとしても、全く足が、立たず、太陽の光を浴びた途端、自分の中の生きる喜びが、短い間に、負の怨念に、変わって、其れが、世の中に対する…

・・・・・・・・・”一人暮らし”始めた。

夢”・・・とは、或る日、永い助走の末、気付いた時に、忘れている、のが一般的だ。一度の勝負で敗北して、諦める、ということはまず少ない、そんな夢を、永い時間、追いかけ、ほぼなに一つ、結実した武功も、花咲いた夢も、生まれた時から、ずっと一切なく、…

怠惰への賛歌。令和4年度労働拒否宣言。~「働く」ことの罪・・・

何か、今、私、死にゆく寸前の心の火を灯すために、人とネットで、仲良くなろうとしてるのだが、うまく行かず、ある日、不貞腐れて、自分の人生を振り返ってたら、自分は、今年で、32歳だ。と、気付いた、すげぇ凹んだ。もうそんな年か、と、何とも言えない…

令和4年、コロナ鬱闘病記。32歳(非正規)「コロナ鬱」のヤバさについて語る。

何か今、口の中や、至る所から伝染し、生気を蝕んでゆく病気が、空気の中から入り込んでは、命の灯を消してゆく暗い世の中で、年明けから突然こんな暗い話をして申し訳ないのだが、実は、今、私、本音を言うと、,少し、軽度のコロナ鬱みたいなことになってい…

「悲報」30歳。非正規。何もしたくない病にかかる。

4月の春の陽気に包まれ、初々しい新年の日光が肌に降り注ぐ時期に自宅に完全に籠城。誰とも関わらない生活を始めて、約2年、その暗い生活から抜け出そうと近所の食料品店に勤め、約3年。朝六時に起きて、店内の照明をつけ、総菜の品出しをし、事務処理をし…

恋人も居なければ友だちも居ない若者について

なんか、今、自分で自分の人生を振り返る事があるのだが、改めて何というか、自分の成長のなさに気付き、それを痛感する度に、自分で自分が嫌になり、如何に、自分が卑小な人間であるかに気付かされ、今も、すごく落ち込んで 抑鬱になっているのだが。近頃、…

アルバイトの「小野寺さん」(同僚)の経歴が凄かった。

27歳の頃から、コンビニで働いて今年で2年になるのだが、最近、仕事がとても退屈だ。 朝起きて、身支度を済ませ、自転車で職場に行って、テキトーに弁当を出して、何時間も、仕事に忙殺される日々に段々、感情が劣化してくる感覚を覚え、最近、抜け出せな…

ブログ飽きた。これから動画配信はじめる。

なんか突然の報告だが、最近ブログに飽きた。今まで細々と7年間ブログを運営してきたが、ここへきて、ブログの情熱が急速に消えかけてきている。というのも、実は、文章を書くのが最近嫌になってさ。決定的な理由は、すげー書くのが遅いのだ。何度書き直し…

大学を中退しようと思っている君へ。

・・・若さ、というものは往々にして、とりかえしのつかない間違いをしでかすものである。とくに、大学において。中退。というのは、誰もが、一度は思い、ためらう。決断のなかでも、ひときわ、重い。勇気のいるテーマである。 このブログ、けっこう大学生が…

私の暗い読書遍歴 高校から20代の青年期~現在に至るまで

最近、本ばかり読んでいる。 起きて読んで、寝て、また本を読んで、また寝て起きて、みたいな生活がここ何ヶ月ずーっと続いている。うつぎみでも本は読まなきゃいけないのである。金閣寺から、星の王子様、限りなく透明に近いブルー、名作小説のたぐいと、偉…

中原中也がダメ人間すぎる件。

ちょっと前、プライベートな私生活をテーマにした偉人のドキュメンタリー番組を見ていたら、中原中也が想像を超える「ダメ人間」でちょっと笑ってしまった。中原中也って。こんなやつだったの!?セピア調の肖像から雰囲気的に「朴訥な詩人」みたいなイメー…

友達に彼女ができた時の、あの寂寥感・・・

友達に彼女ができたらしい。嬉々としてそれを告げられたとき、血が凍った。 リア顔を見せようとカバンからケータイを取り出し始め、ボクの眼前にかざし始めたとき 「頼むからブスであってくれ」 そう祈っている自分がいた。 結果的に言うと、その祈りはすご…

自分が70点だと思ってるもんは他人から見ればだいたい40点ぐらい

最近気づいたんですけど、友人関係において、お互いの顔に点数をつけあうというのはひとつのタブーなのではないでしょうか。友達同士でお互いの顔を「あんたの顔○点よ」と言い合える関係になるまでって、けっこう勇気がいるというか、話題にのぼらないという…

本を出してみてわかった「本を出す」ということの理想と、現実。

本を出して8日目になるが、相変わらず静かである。 ツイッター上やAmazonで「まぁまぁ、いんじゃね」ぐらいの評価を、ポツポツ・・・といただくようになり、現在の売り上げも編集者さまによると全体的には 「割とよいほう」ぐらいだそうで(すごく良くはない…

働くのが辛いんじゃなくて、働く動機がないのが辛い。

無職がつらすぎる。おばちゃんが嫌でバイト先を辞めてから4か月。 バイトをしようと思って電話にかけようとは思うんだけど、ケータイに触れただけで、死刑台に立ったような気持ちになり日がな一日、結局、ぶつくさこぼしてばかりいるか、本を読んでいるだけ…

アルバイトに行きたくない。僕はもう社会に適応できないのかもしれない。

アルバイトに行きたくない。もうイヤだ。郵便局(短期)のバイトを辞めたあと、そう思った。しかし金がない。仕方なしに求人誌を見る。いろいろな仕事がある。が、人見知りの僕には、そのどれもが鬼門に見える。したがって、次は「人と接しない」のバイトを…

本を出して、変わったこと、変わらなかったこと。

春樹の新作がまたアホみたいに売れているらしい。30万部だってよ。 しかしその波に乗じてわしの本も売れるのだから、喜ばしいことである。 でも正直、オレの本、すごいリアルな話するけど、まだ3900部ぐらいらしいよ。 3900部かあ、って思うよね。売れてる本…

24歳、夏。自己嫌悪の病にかかる。

世間はノーベル賞受賞で花盛りだが(ハルキは落ちた)最近の私は、気分が暗く、心が、いつも沈んでいる。10月。もう10月。もう秋だ(嘘だろ) しかし私は、まだバイトをしていない。そう。自分でも呆れている。いつまで引っ張るのか。いつになったらする…

真央ちゃんはがんばったね、という空気

パソコンが壊れるとすることもないので暇つぶしにテレビばかり見ていました。 御多分にもれずソチ五輪も見ていたのであります。やはり気になるのは浅田真央ちゃんでありました。 当ブログを購読している人はお気づきかもしれないが、埋没地蔵の館は裏テーマ…

24歳になっちゃった。

24歳になっちゃった。なっちゃった、のである。ついに。とんでもない事態が起きた。 正直、言葉にならない。よーし今年も頑張るぞおって言ったけど、この「24歳」という現実を垣間見た瞬間、一気に今年がクソに思えてきた。もうダメだ。なにもする気が起きな…

人見知りってどうやったら治るんだろう。

最近になって気づいたのだが、人見知りというのはほんとにどうあがいても治しようがない・・・らしい。 こないだバイト先の店長に「キミはもっと元気をだしていこうよ」と言われ、さすがにその場では元気に「はい!」と言ったものの、よく考えてみると、この…